天然と合成どっちのサプリがいいの?

葉酸サプリに配合される葉酸には天然のものと合成のものが存在しています。そんな2種類のサプリ、どちらがいいのかとよく聞かれるのですが、答えから言ってしまえば合成の方です。何となくイメージ的に天然の方が良質な感じがしますが、葉酸サプリにおいては別。まずは2つの違いを確認していきましょう。

天然葉酸は正式名称を「プテロイルポリグルタミン酸型葉酸」といい、合成葉酸は正式名称を「プテロイルモノグルタミン酸型葉酸」といいます。これらの主な違いは生体利用率、すなわち人体への吸収されやすさです。天然葉酸の方は吸収されやすさが50%程度しかありませんが、合成葉酸の方はなんと85%と非常に高い数値。そのため、厚生労働省も合成葉酸のサプリを推奨しています。メーカーにもよりますが、合成葉酸の材料はミドリムシなどなこともあり、危険な薬品などが原料なわけではありません。

天然葉酸の方が手を加えていない分、安全なイメージが強いものの、先ほども言ったように吸収率が低め。ただ、野菜など他の栄養素が含まれていることも多く、バランスよく栄養摂取をすることが可能という特徴も持っています。もちろん合成葉酸のサプリの方にも他の栄養素が含まれていますよ。このことから、やはり摂取するなら国にも認められた合成サプリの方がいいでしょう。何といっても葉酸を摂取する為に服用するのですからね。肝心の葉酸の吸収効率が悪くては台無しです。

とは言え、どのサプリが合成でどれが天然かなんてなかなか分かりませんよね。そこで簡単な見分け方をひとつ。由来表記があるかないかをチェックしてみてください。たとえば「ビタミンC」とだけ書かれていれば、それは合成サプリです。逆に「ビタミンC(レモン)」など由来となる食品がかかれていれば天然サプリです。これを頭の片隅に入れておくと、よりスムーズに葉酸サプリを選ぶことができますよ。国の認めた葉酸サプリで効率よく摂取していきましょう。